--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.03.31

まちづくり - 「匹見再発見」 21


2月の「かまくらづくり」への参加者 匹見町の人々は、清水や空気のように清廉で人情味にあふれ、たとえ高齢であっても元気でよく働く。今もなお、戸数や年齢だけでは推し量ることのできない集落機能も温存されている。雄大な自然と心癒される原風景に抱かれた町には、まだ誰も気付いていない可能性が秘められている。
 先ごろ、観光施設、加工グループ、民泊実践者らを束ね、観光とボランティア活動を融合させ、新しい交流スタイルを創出しよう-と、「ひきみ田舎体験推進協議会」が設立された。
 地域イベント、自然体験、地元食材を使った伝統料理、宿泊施設など豊富な地域資源を結集させて、新たな匹見ファンを呼び込もうとする取り組みだ。
 実は、この協議会設立には、一昨年の夏から頻繁に訪れるようになった大学生たちの存在が大きく影響している。彼らは当初、携帯電話やメールが使えない、コンビニがないことに驚くごく普通の学生と思っていたが、ホームステイと農業体験をきっかけに地域イベントの手伝い、草刈り、中学校の修学旅行の企画・実践など、さまざまな形で地域とかかわり、地域間や世代間交流の面白さと、継続の必要性を実感するようになった。
 地域も、自分たちにできることを何か始めてみよう-と、協議会設立への機運が一気に高まっていった。
 協議会では、地域貢献に関心を持ち、意欲的な方々をボランティアとして受け入れ、宿泊や食事の支援を行う一方、会員相互で助け合いながら単独ではできなかった取り組みに挑戦し、交流を通じた活気あるまちづくりを目指そうとしている。
 大学生を中心とした若者との交流は、地域に元気をもたらし、間違いなく地域の方々の表情を豊かにしている。さらに若者たちがその変化に気付いたとき、この町に眠っている大きな可能性が発見される。


写真:この2月、夢ファクトリーみささで開かれた「かまくらづくり」に集まった参加者。地元の人、中学生、大学生が交流を深めた


(文・写真 /島田 満、田代信行)


この記事は、2008年3月30日付の山陰中央新報掲載分を転載したものです。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://manabiya.blog76.fc2.com/tb.php/82-312867ab
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。