--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.06.25

泥落とし - 「匹見再発見」 2


朴の葉に盛りつけた「御供(ごくう)」を再現した 田植えが一段落すると、「泥落とし」という行事が行われる。農家にとっては心休まるとき。耕運機での作業、石垣の草取り、畦(あぜ)の手入れ・・・。4月から5月末まで続く農作業から、いっとき解き放される。
 今のように機械化されていない昭和50年代までは、まだ各集落に「イイ(結に由来)」と呼ばれる組織があり、田植えなどを共同で行った。作業が終わるのは、今より1ヶ月も遅かった。
 「泥落とし」は、6月30日から7月4日までの5日間をいい、ユリ科のサルトリイバラの葉で包んだ柏餅(かしわもち)をつくったりし、仕事を控えたものだ。
 泥落としの日を「シロミテ」と言う。各家ではサンバイ(田の神)さんの依代(よりしろ)である御幣を水口に立て、神前には朴(ほお)の葉=モクレン科の落葉高木、9弁の白い大きな花を咲かせる=に載せた豆入りの、おむすび3個を供えたりした。
 七村地区では五目めし、チシャなます、ゼンマイ、タケノコ、干し大根煮を供えるのが慣習だった。
 なかには「ヨセドロ(寄せ泥)」といって、イイ仲間や地区の人々が集まり、豊穣祈念と親睦(しんぼく)も兼ねて会が行われていた。 
 しかし、今ではイイ組織も崩れ、泥落としは地縁関係者を中心にした温泉旅行などのスタイルに様変わりした。
 朴の葉が使われるのは、ちょうど大ぶりな真っ白な花を咲かせる時季に当たるためである。サンバイ花という言い方もあり、他の地方では開花を同じにする栗、卯の花(ウツギ)をあてがうことも。
 田囃子(たばやし)にそうした花木が登場するのもうなずける。
 朴の葉やサルトリイバラを用いることでも分かるように、泥落としという行事は、自然の営みにあらがうことなく神の存在を信じ、地区の連帯感を紡ぎながら伝わってきた。


(文・写真 / 渡辺友千代)


※この記事は、2007年6月24日付の山陰中央新報掲載分を転載したものです。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://manabiya.blog76.fc2.com/tb.php/56-c6a57ef0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。