FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.06.11

アユ漁の夏 - 「匹見再発見」 1


初夏の味覚を代表するアユ 6月を迎え、高津川流域はアユ釣りシーズンに入った。解禁日には、待ちかねた人たちが早朝から、さおを振る。前の晩から場所取りをする人も。川沿いのちょっとしたスペースには、県外ナンバーの車が目立つ。
 ここ匹見(益田市匹見町)でも、「アユ放流・遡上(そじょう)・解禁」の言葉に何週間も前から胸躍らせる人が大勢いる。川の様子を見回り、仕掛けを準備し、解禁日が平日であれば有給休暇の算段だ。
 釣果次第では、おすそ分けが回ってくる。魚体に黄色い星をもった艶やかで美しいその姿は、卯の花(ウツギ)やチナイ(エゴノキ)の白い花と合わせ、「夏は来ぬ」を実感させる。
 匹見では、季節は川や山など自然の恵みをともなってやって来る。
 トチやクリの実を拾い、何種類ものキノコが採れるようになると、山里に秋風が吹き始める。アユも「落ちアユ」になり、初夏とは違った楽しみをもたらす。
 さらに、猟でイノシシが捕れたという話を聞くころには雪がちらつく。そして、冬。山菜を採る楽しみを抱き、春到来を待ちわびる。
 四季の移ろいに身を任せた暮らし。「コウカ(ネムノキ)の花が咲いたら小豆をまけ」などというように、季節の野菜や米をつくる際にも、自然を通して身につけてきた、昔ながらの知恵や技術が活(い)かされている。
 暮らしの知恵・技術は、山や川がはぐくんだ恵みというべきだろう。そこには、さまざまなものが容易に手に入る都会とは趣を異にする、匹見ならではの「豊かさ」がある。


 私たち、ひきみ学舎(まなびや)では、この豊かさを少しずつ拾いあげて蓄積し、次世代へつなげることを目指す。
 連載では、活動を通して「再発見」した匹見の魅力をたっぷり伝えよう。


(文・写真 / 田代信行)


※この記事は、2007年6月10日付の山陰中央新報掲載分を転載したものです。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://manabiya.blog76.fc2.com/tb.php/54-2850f852
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。