--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.02.26

Web-GIS&参加型調査シンポジウム

 2月26日(日)、飯南町にある島根県中山間地域研究センターで行われた「第5回 Web-GIS&参加型調査シンポジウム」に、ひきみ学舎のメンバーとして参加してきました。
 GIS(ジーアイエス)というのは、地理情報システムといい、パソコンの中の地図にさまざまな情報を取り込んで整理や分析ができるしくみのこと。それらの地図や情報を、インターネットを使って自由に公開・閲覧できるようにしたものがWeb-GIS(ウェブ・ジーアイエス)といわれるものです。
 私が参加したのは「地図づくりから始める田舎ツーリズム」という第1分科会で、ひきみ学舎が積み上げているデータをどのように整理し、活かそうとしているかを簡単に発表させていただきました。(現在、収集した地域資源データは、データベースソフトや「地図太郎」というGISソフトを使って整理しています)
 この分科会で話題の中心になったのが「歩く観光」。農山村をゆっくり歩きながら、土地の人との交流などを楽しむという旅です。こんな旅を企画・実施している「NPOひろしまね」「三次市三村観光連絡協議会」「やまなみ大学」などの報告がありましたが、カントリーウォークの第一人者、山浦正昭さんのお話はとくに印象に残りました。
「カントリーウォークというのは、地域の自然や環境を知り、大切にするための手段である」ということです。まさにひきみ学舎にぴったりのツーリズムではないでしょうか。(報告:NT)

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://manabiya.blog76.fc2.com/tb.php/16-c9ebd8b7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。