--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.06.22

水の国 - 「匹見再発見」 50

田の間を散歩  梅雨入りを前に、匹見ではすっかり田植えも済んだようだ。「これでまずは安心」と、泥落としでひと段落つけた農家もあったことだろう。
 4月、少しずつ、あちらこちらの田にが引かれ始める。それまでタネツケバナなど咲いていた場所が、みるみる一面の「の国」へと生まれ変わる。これだけの変化だ。心なしか、空気も湿り気を帯びてくるよう。
 毎年繰り返されるこの変化を、たくさんの生きものが待ちわびている。
 まずはカエルたち。ツチガエルやアマガエル、トノサマガエル、シュレーゲルアオガエル…。ずいぶん早い時季から鳴きはじめ、気がつくと夜中の大合唱になっている。5月の終わりには、白い泡に包まれたモリアオガエルの卵塊が目立つようになり、まもなく梅雨入りの気配。
 鳥の姿も多い。オシドリが泳ぎ回って何か探している。幼鳥を連れたアオサギが、じっと獲物をねらっていることも。ツバメが飛びながらをすくって飲んだり、虫をねらってツイッと宙を切っていくさまは、見ていて気持ちがよい。
 そんな「の国」の風景は、人も引きつける。田の間を歩けば、イネの小さな苗が風にそよぎ、面は山や空を実物以上に輝かせて映している。
 そんな晴れやかな景色から、梅雨時季のやや重いしっとりした雰囲気への変化もまたよい。うっとうしいと感じることもあるが、滴をたくわえた木や草の風情はみずみずしい。何より、この時季の雨がその後の事情を左右する。
 今年はまだ雨が少ない。川にも今ひとつ元気がない。農作物のためにも、そろそろ適度なひと雨が欲しいところ。
 梅雨が明ければ、ますます水辺が恋しい季節がやってくる。

 

写真:日の光を受け止める水をたたえた水田。散歩が気持ちいい

(文・写真 /田代信行)


この記事は、2009年6月21日付の山陰中央新報掲載分を転載したものです。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://manabiya.blog76.fc2.com/tb.php/115-7e8d6e29
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。