--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.12.20

「ひきみの清水」標柱の設置

061220 12月20日、かねてから匹見総合支所地域振興課が選定・整備をすすめていた「ひきみの清水」8か所に、それぞれの名称をほりこんだ標柱が設置されました。標柱となった自然石は匹見上地区振興センターの職員と有志の方が用意し、文字の刻みと設置工事は市内の石材店がおこないました。
 ひきみ学舎は選定検討委員会に参加したり、取口設置の委託をうけたりと関わりがあり、この日も取材をかねて、樫田下の「葛谷の清」での作業を見学させてもらいました。刻んだ文字を白いラッカーでうかびあがらせ、セメントでつくった土台に設置、周囲を小さめの石で手際よくうめていきます。が湧く場所でもあり、少々とまどった部分もあったようですが、感じよく完成。1日で8か所は厳しいかとも思いましたが、夕方までにはすべて終了したとのことです。
 あとはこれをどう活用していくかですが、そこがもっとも重要でかつ難しいところ。まずはマップづくりから始めるのがよいでしょうか。ひきみ学舎でも協力体制でのぞんでいきたいと考えています。(報告:NT)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。